在庫なくなり次第販売終了

 

 

 

10数年前の古田土会計は、他の会計事務所とはさほど変わらない会計事務所だったかもしれません。

しかし、今では会計事務所業界を代表すべき会計事務所となることができました。

それは、自社の「経営計画書」を作成・運用し、中小企業にその作成・運用の指導をさせて頂いたことに他ありません。しかも、今では同業者にも弊社のノウハウを提供するまでに至りました。

という事で今日は、古田土会計の歴史の集大成とも言うべき「経営計画書」のお話をさせて頂きます。

 

 

目標なくして経営なし

 

古田土会計の経営指導法は、「あり方(ビジョン・理念・未来像)」と「やり方(戦略・戦術)」と「目標(数字)」の3つのパートに分かれています。この3つが三位一体とならなくては、持続的な成長・拡大は目指せません。
しかしながら、世の中の経営計画書には薄っぺらな数字だけで済ませている経営計画書ばかりです。言わずもがなですが、これではいくら社長が声を荒げても成果が上がりません。
「古田土会計の経営計画書」と「他社の経営計画書」との内容には、天と地の開きがあるのです。
この経営計画書を手にして頂ければ、それが一目瞭然です。
本来は、社内の機密情報ですから公開するものではありませんが、「日本中の中小企業を元気にする」というわれわれの使命を実現させるためにこれら全て記載している古田土会計グループの経営計画書を販売することとしました。

 

 

毎年、日本最多の販売実績を誇る理由

 

経営者にとってはの経営の悩み…それは「ヒト」・「モノ」・「カネ」です。
いくら税金を正しく計算しても会社は一向に良くなりません。ですから、われわれ古田土会計はこれらの経営者の悩みに真正面から向き合うことでお客様に選ばれるようになりました。
では、これらの経営者の悩みに対し、古田土会計の社員がいかに答えていくのか…?
それは、古田土会計の経営計画書を使って指導させて頂いています。
世の中のほとんどの会計人の経営のアドバイスなんて参考になりません。なぜならば、それは大企業の事例であったり、単なる理論だからです。それでは、中小企業経営者には伝わりません。古田土会計は打ち出した方針と目標を実現させようと、社員は日々経営計画書を使い込んでいます。ですから、古田土会計の社員にとっては、経営計画書は経営指導させて頂くために必須の道具なのです。
そして、経営計画書は毎年作り替えています。なぜならば、市場も組織も常に変化しているからです。ですから、その経営計画書は、毎年1月上旬の経営計画発表会にて社員・お客様に向けて発表する訳です。その会場には、総勢700名以上もの方にご参加いただいています。それもそのはず、みなさん古田土会計の経営計画書から経営のヒントを手に入れたいからなのです。

 

 

 

 

 

古田土式 経営計画書のご紹介

 

古田土会計の社員はもちろんのことお客様にもご提供させていただいております経営計画書の全貌を「構成図」と「目次」を使ってご紹介させていただきます。

 

古田土式 経営計画書の構成図

 

 

(クリックすると拡大表示されます)

 

 

目 次 (方針編・全246ページ)

【 基本方針 】

  使命感・経営理念
  経営計画発表にあたって
  古田土式経営計画書構成図
  心地よい会社を目指して
  高収益型事業構造のつくり方・企業発展の哲理
  中期事業計画(社長力)
  長期事業構想・社員の未来像・事業の未来像(社長力)
  第 35 期経営目標
  経営の基本方針(社長の姿勢
  古田土会計のビジネスモデル・成長戦略
  2001 年より2016 年までの実績

 

【 個別方針 】

Ⅰ、事業活動 

 (1)商品・サービスに関する方針
   ①既存商品・サービスに関する方針(商品力)(商品別販売計画)
   ②新規事業に関する方針
   ③サービスに関する方針(おもてなし)

 (2) 販売に関する方針(営業力)(社員力)(得意先別販売計画等)

   ①営業に関する方針
   ②新規開拓に関する方針
   ③お客様に関する方針
   ④お客様への正しい姿勢
   ⑤電話・接客に関する方針
   ⑥クレームに関する方針
   ⑦無言のクレームに関する方針
   ⑧解約に関する方針
   ⑨社内クレーム(業務ミス)に関する方針
   ⑩ライバルに関する方針

Ⅱ、教育・評価(人間性を高める)

  ①環境整備に関する方針(社員力)
  ②教育・訓練に関する方針(社員力)
  ③推薦書

Ⅲ、雇用

  ①採用に関する方針
  ②パート社員に関する方針

Ⅳ、経理・総務
  ①決算に関する方針
  ②固定資産・資金運用に関する方針
  ③管理課(経理・総務)に関する方針

Ⅴ、組織・内部体制
  ①内部体制に関する方針
  ②報・連・相に関する方針
  ③古田土品質に関する方針
  ④情報セキュリティに関する方針
  ⑤社員に関する方針
  ⑥ワークライフバランスに関する方針
  ⑦社会保険労務士法人エムケー人事コンサルティングに関する方針
  ⑧仙台支店に関する方針
  ⑨緊急時の事務所対応について
  ⑩諸手当マニュアル
  ⑪事務所内の売上・手当配分について
  ⑫プロジェクト計画書
  ⑬守・破・離
  ⑭年間稼働スケジュール

 

 

 

目 次 (諸表編・全31項目)

01、利益計画(月別)

02、商品別販売計画

03、売上高等年計グラフ

04、売上・粗利年計表

05、固定費年計表

06、人件費年計表

07、経常利益年系グラフ

08、人件費年計表

09、商品別年計グラフ

10、チーム別売上・新規開拓目標

11、商品別販売計画(個人別)

12、担当者別販売計画

13、個人別売上年計グラフ

14、個人別新規開拓リスト

15、新規開拓リスト

16、解約リスト

17、値上げリスト

18、値下げリスト

19、新規開拓年計表  他

 

 

お買い求めいただけましたら、古田土会計の経営計画書をベースにして、あなたの会社の経営計画書の作成に取り組むことができるようになります。

 

 

 

 

 

メディア・公的機関等からもご評価いただいています

 

経営計画書を作って運用してからというもの会社の業績もみるみる成長し、これまでに数多くのメディアと公的機関からもご評価いただけるまでとなりました。

 

テレビで紹介された際の映像

(ワールドビジネスサテライト11分8秒)

 

公的機関等からの受賞歴一覧

 

 

 

購入を検討されている方へ

 

今回、古田土会計の経営計画書をご案内する上で、「自分で作り上げる」「コンサルタントに依頼する」という選択肢と「古田土会計グループの経営計画書を参考にする」場合とで、各項目で比較してみました。

 

 

いかがでしょうか?
あくまで自社判断ではありますが、全ての項目において古田土会計グループの経営計画書を参考にする方が良いと思えます。もちろん丸パクリも大歓迎です。
そんな成功事例満載の古田土会計の経営計画書(方針編・諸表編)の価格ですが、10,800円(発送料込・税込み)でご提供いたします。ちなみに、この販売価格はお客様からは、「正直安すぎない??」、「全然、利益にならないじゃないの?」と色々な否定意見をいただきます。
でもやはり古田土会計グループとしては、この経営計画書を販売して利益を得たいというより、古田土会計グループの経営計画書をあなたに受け取っていただき、あなたの会社における問題を解決していただき、買ってよかったと思っていただき感想などをいただけることの方がよっぽど嬉しいのです。

 

古田土会計グループ 

H29年度版 経営計画書(方針編・諸表編)

10,800円(税込み)

 

       古田土会計グループの経営計画書を手に入れ、あなたの夢を実現させてください。

 

 

 ※決済方法に代金引換をご選択されたお客様は、別途 代引手数料(432円)が発生します。

 

 

 

 

 

税理士法人古田土会計グループの会社概要

設立:昭和58年1月11日

代表:古田土 満

場所:東京都江戸川区西葛西5-4-6 アールズコート1~3階
全国約2,280社の中小企業を対象に、210名の会計事務所として事業運営。(2017年4月現在)
・売上高1,578百万円、経常利益額360百万円、 自己資本比率90%以上、無借金(2016年12月実績)
・営業活動しないで創業以来34年連続増収中 (毎年対前年5~10%の成長を維持)
・朝礼見学者数は、会計事務所業界一 (600~800名/年が参加、過去2度TVでも紹介される)
・会計人向けのセミナー参加者のべ6,000名以上 (2016年12月現在)
・中小企業向けへの経営計画作成支援実績数 業界一
・代表 古田土満 著「中小企業は行列のできるラーメン屋を目指せ!(秀作社出版)」は、amazon総合第1位を獲得
・「お役立ち会計事務所 全国100選 2017年度版 (実務経営サービス)」にも選出される。

 

 

Copyright (C) 2017 株式会社古田土経営 All Rights Reserved.